ホーム > 超音波診断装置

超音波診断装置

超音波を使っての患部観察(超音波診断装置)

超音波とは?
人間には聞こえないほどの高音で、検査装置では2~15MHzとなります。

超音波診断装置(MyLabFive)の特長

超音波診断装置(MyLabFive)の特長
MRIの2倍の解析度を誇ります。
レントゲンにはできない、小さなヒビ、また骨以外の軟部組織の損傷の認識が可能。
捻挫、肉離れ、靭帯の損傷程度、組織の回復度などの客観的判断にも役立ちます。
レントゲンと違い、放射線を使わないので、体に優しい。
ベッドサイドで容易に検査ができ、リアルタイムでの撮影が可能です。

ドップラー機能で炎症の状態も確認

ドップラー機能を使えば、患部の血管の状態を撮影できます。炎症までを視覚化できます。

症状の原因を患者様にご説明できます。

症状の原因を患者様にご説明できます。

検査結果だけでなく、患部がどういう状態なのか、それを患者さまにも知っていただきます。
安心、納得の上で、回復までの具体的な施術プランを立てていきます。

携帯サイト
アクセス


大きな地図で見る

■住所
大阪府吹田市朝日町19-22 関根マンション1F

■診療時間
【月、水~土】
9時~12時/16時~20時
【火曜】
16時~20時

■休診日
火曜午前・日曜日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら