症例集ブログ

2013年6月 6日 木曜日

オスグッド病

当院はオスグッドの患者さんが非常に多いです。

もうみなさんご存じとは思いますけど、いわゆる成長痛です。

正式には骨端症といいます。

スポーツをしてるジュニアたちを非常に悩ませる疾患です。

当院でのオスグッド完治率は実に90%以上を誇ります。
一部治りにくいオスグッドもありますが、治療によりかなり痛みの軽減はあります。

一般的にはスポーツの禁止,負荷を軽減させるオスグッド用のサポーターやテーピング、
ストレッチといったところでしょうか・・・・


どうですか?

それで良くなってますか?


スポーツの禁止,安静は時に必要なこともありますが、子供たちはそんな長期間休んでられません。

第一にもったいないです。体育まで休まされて、かわいそうです。

あとサポーターやテーピングは論外!

締め付けることにより循環不良を起こします。

残念ながらサポーター、テーピングは治してはくれません。

ストレッチは大切だと思いますが・・・・

でもオスグッドの子達は人一倍ストレッチを頑張ってやっていると思います。

それでも治らないのがオスグッドなのです。

      

    

当院に来られている、サッカー、バスケ、ダンスの

ジュニアのみなさんスポーツに復帰し完治に向かっています。


オスグッドでお困りの方はご相談ください。





投稿者 池スポーツ整骨院

携帯サイト
アクセス


大きな地図で見る

■住所
大阪府吹田市朝日町19-22 関根マンション1F

■診療時間
【月、水~土】
9時~12時/16時~20時
【火曜】
16時~20時

■休診日
火曜午前・日曜日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら